お金を無駄遣いしない方法!100万円貯金できる

スポンサードリンク
お金を無駄遣いしない方法

イオンなどのショッピングモールに出かけると
思わずいろんなものを買ってしまいますね。

でも後になって「どうしてこんなの買っちゃったんだろう・・・
と無駄遣いしたことに後悔した経験は誰でもあるでしょう。

無駄遣い

ここでは私が学んでいる資産を築くプログラム
X-ファミリーオフィスの内容をシェアします。
私も学んでいるXファミリーオフィスの詳細はコチラ

それでは解説します。


YouTubeで観たい場合はここをクリック

今回の内容を理解し実践するだけでも
お給料の多さに関係なく、軽く100万円は貯まると思いますよ。

お金を無駄遣いしない方法とは?

買い物をするとドーパミンが分泌される

ドーパミン

買い物をした瞬間ってすごくうれしい気持ちになると思います。
理由は脳からドーパミンという快楽を感じる物質が分泌されるからです。

感情について理解する

私たちは感情を動かされて商品を買っていることが多いです。

感情

感情とは

・うれしい
・悲しい
・怒り
・喜び

などのことです。

「このカバンを手に入れたらみんなに自慢できるだろうな」という気持ちになるのも感情です。

ただ、感情には2種類あります。

・現実の感情
・想像の感情

です。

たとえば先ほどのカバンのケースで考えてみましょう。

想像の感情

想像の感情は商品を買う前の感情のことです。
このカバンを買ったらみんなに自慢できるだろうな
と想像して楽しい気持ちになっている状態です。

続いて商品を買った後の感情を現実の感情といいます。

どんな商品でもそうですが、高額なものでみんながうらやましがるものって
商品を買った本人はテンションが上がっています。
でも、みせびらかされた相手はうらやましいという気持ち以上に「ムカつくな」
という気持ちの方が強い
です。

だからカバンを買った本人も「どう、すごいでしょ!?」
という喜びの感情を得ることができません。

後悔

たいてい「あぁ、買わなきゃよかった」と後悔することがほとんどです。
これが現実の感情です。

つまり、買う前の想像の感情と買った後の現実の感情はたいてい違います。

さらに商品を買った後、大きな商品なら場所をとりますね。
その場所だって、自分の家の一部を使うわけですから
アパートなら家賃の一部を無駄にしてしまってますし持家だって、場所を奪われてしまうわけです。

こんな感じで感情は変化することを理解しておきましょう。

買い物は無感情で!

無感情で買える物だけ買いましょう。
たとえば水道代を支払う時に感情は動いていないはずです。

コンビニ

知らぬ間に水道代を払っている方も多いと思います。
あと、コンビニでパンを買う時だって感情がたかぶっている方は少ないはずです。

こんな感じで無感情なときに買い物をしましょう。

無感情なときの買い物ならドーパミンが出ません。

クレジットカードは金庫に入れる

クレジットカード

クレジットカードがあると、今お金を持っていなくても
気軽に買い物ができてしまいます

クレジットカードを手元に置かないようにするだけでも無駄遣いを避けることができます。

趣味の雑誌は買わない

雑誌

趣味の雑誌にはあなたが大好きな商品の広告がたくさん載っています。
その広告を見たら、想像の感情が生まれてしまいます。

また趣味の雑誌を買いに本屋さんに行ったら
いろんな広告を目にしてしまい、さらにいろんなものを欲しくなってしまうわけです。

だからどうしても必要な雑誌があるなら定期購読して郵送してもらいましょう

定期購読した方が安く済みますし
本屋さんに行かなくて済むので想像の感情が生まれにくくなります。

以上、お金を無駄遣いしない方法についての解説を終わります。
私も学んでいるXファミリーオフィスの詳細はコチラ

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 06日
  2. 2016年 5月 28日
  3. 2016年 5月 31日

ページ上部へ戻る