汗をかく効果と注意点とは?

スポンサードリンク
汗をかく女性

毎日お散歩していますか?特に夏にお散歩をすると汗をかくと思います。
汗をかくのはすごくいいことです。よい効果がたくさんあります。

ただ、汗をかくのはよいことですが注意しないといけないこともあります。
ここでは汗をかく効果と注意点について
私が学んでいるX-POWERというプログラムの一部をご紹介したいと思います。
詳細はコチラ

汗をかくとどんな効果が得られるの?


YouTubeで観たい場合はここをクリック

汗をかく効果として一番大きいのがデトックス効果です。
運動したりして出てくる汗には体にとって不要な物質が含まれています。

お医者さん

たとえば食べたり吸ったりして体に吸収された

・有害なミネラル(水銀、ヒ素、鉛など)
・食品添加物
・老廃物

などです。

こういった体にとっていらない、あるいは有害な物質が汗をかくことで排出されていきます。

ただ「汗にそんなに有害な物質なんかが入っているの?」
と思われるかもしれませんね。

あるデータによると体の不要物や有害物を排出する割合は

・ウンチから約75%
・オシッコから約20%
・汗から約3%
・爪から約1%
・髪の毛から約1%

です。

つまり汗からも約3%分の有害あるいは不要物が排出されていることになります。

そういった意味でも毎日お散歩するなどして汗をかく習慣を持ちましょう。

汗をかく注意点は?

水を飲む女性

汗をかくと、喉が渇くと思います。
でも、汗をかいた直後はお水を飲まない方が無難です。

なぜなら汗をかいた後に水を飲むとさらに汗が出てきます。
汗をかくと、汗に含まれている熱分だけ体温が奪われるので体が冷えることがあるからです。

もちろん、真夏に大量の汗をかくと熱中症を起こしやすくなります。
だから真夏の場合に、運動中は適宜水分補給しましょう。
運動が終わって汗が噴き出しているときにだけ水を飲まないなどの工夫をするようにお願いします。

特に子供やご老人の方は脱水症状にご注意ください。

あくまでも自己責任でお願いします。

以上、私も学んでいるX-POWERという教材の一部をシェアしました。
さらに詳しく学んでみたい方、30日間は無料ですので試してみてはいかがでしょう。
詳細はコチラ

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 10日

ページ上部へ戻る