自然治癒力を高めるならこれをやめましょう!

スポンサードリンク
自然治癒力

風邪をひくと熱がでて頭が痛くなりますね。

そんなときあなたはどうしますか?
ロキソニンやバファリンなどの解熱鎮痛剤を飲みますか?

ロキソニン

最近は減りましたが、風邪をひいて病院に行ったら
抗生物質のお薬を処方されることがありました。

風邪の原因はウイルスです。ウイルスは抗生物質が効きません。

風邪をひいて解熱鎮痛剤を飲んだり抗生物質を飲むと
自然治癒力が下がってしまいます。

お薬を飲むことでかえって病気の治りが悪くなってしまうのです。

自然治癒力とは

・ばい菌
・ストレス
・ウイルス
・カビ

などの敵から自分で自分の身を守る力をいいます。
他人の力を借りないで敵から身を守るのが自然治癒力だということです。

さらに詳しい解説はこちらの記事をご覧ください。
自然治癒力とは?どんな意味があるの?

どうすれば自然治癒力を高めることができるのでしょうか?

YouTubeで観たい場合はここをクリック

あなたは風邪をひいて頭が痛くて、しかも38℃の熱がでたらバファリンを飲みますか?
よほどの高熱がない限りバファリンは飲まない方がよいでしょう。
自然治癒力が下がるからです。

風邪

風邪をひいて熱があるなら、布団に入って汗をかいた方が自然治癒力が高まります。
(注意:実践するときは自己責任でお願いします)

風邪の原因はウイルスです。
ウイルスをやっつける細胞は白血球です。

白血球は熱が高くないと活発に活動できません。
熱が高いと白血球が活発に働きます。

白血球

白血球は抗体を作るなどしながらウイルスを壊滅状態に追い込みます。
風邪の原因ウイルスをやっつけたら、体には抗体が残ります。

抗体は同じ種類のウイルスがやってきたときに攻撃してやっつける物質です。

こんな感じでお薬を使わずに自分の力で風邪を治すと
次に同じウイルスがやってきても、抗体の力で風邪をひきにくくなるのです。
これが自然治癒力です。

もし仮に風邪をひいて熱や頭痛がひどいからといって
お薬を飲んで熱を下げてしまうと、白血球が活発に活動できません。

その結果、熱や頭痛が治まっても、ウイルスが体の中で活発に活動し増殖しているので、風邪が長引いてしまいます。

そもそも風邪を治す特効薬はありません。
自然治癒力に頼るしかないのです。

お薬を飲んで風邪が長引くということは自然治癒力が落ちているということになります。

自然治癒力を高めるためには病気を根本的に治す以外のお薬は飲まないことです。

泥遊び

私は子供のころ泥んこ遊びをしてました。
泥んこの中にはばい菌がいっぱいいます。

ばい菌を手で触ることで、体もばい菌から身を守ろうとして自然治癒力が高まります。

逆に「泥んこは汚い」ということで過剰に避けると自然治癒力が高まりません。

ワンちゃんも同じ現象が起きている気がします。
私が獣医になった15年前はばい菌が原因で起こるニキビはほとんどなかった気がします。

でも、最近ではばい菌に感染して起こるニキビが増えています。
過剰なまでにキレイな環境でワンちゃんも育ってしまい
ばい菌に触れる機会が減ってしまったからだと思います。

自然治癒力が下がっているわけですね。

普段元気なときに山や海に行っていろんな物に触れることで
体に抵抗力ができて、いざというときに病気になりにくくなります。

結局、自然治癒力を高めるためには

・完治に関係ないお薬は飲まない
・山や海に行っていろんなものに触れる

この2点が大事です。

以上私が学んでいる健康プログラムX-POWERの内容を自分なりに解釈して解説しました。

X-POWERの詳細はこちら

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 12日

ページ上部へ戻る