短期的目標と長期的目標ではやり方も結果も逆になる

スポンサードリンク
短期的・長期的

風邪をひいて熱がでたらあなたはどうしますか?

ゆっくり安静にして寝ていますか?
それともバファリンなどの熱を下げるお薬を飲んで楽になろうとしますか?

詳しくは動画で解説しました。


YouTubeで観たい場合はここをクリック

風邪をひいて熱がでるのは、ウイルスをやっつける細胞の攻撃力を上げるためです。

白血球

もしお薬で熱を下げてしまうとウイルスをやっつける細胞ががんばれなくなります。
かえって風邪が完治するのに時間がかかってしまうのです。

逆に熱を上げるくらいの気持ちで布団をかぶって1日安静にしていた方が風邪の治りが早くなります。

熱が上がることでウイルスをやっつやすくなるからです。

風邪をひいて

・バファリンを飲む=短期的
・1日布団をかぶって寝る=長期的

な考え方です。

短期的

ほとんどの方が短期的な成功(目標)を求めがちです。
でも長期的な目標をもった方が成功しやすいです。

短期的な目標を目指すことと長期的な目標を目指すことは
たいてい真逆の努力が必要です。

・1か月という超短期で体重を10kg落とす方法
・1年かけてゆっくりと体重を落とす方法

は、やり方も長い目で見た時の結果もまったく違ってきます。

有酸素運動

1か月で体重10㎏を落とすなら
甘いものを一切食べず、ひたすらマラソンなどの有酸素運動をやり続ける必要があります。

でも別の記事で解説していますが有酸素運動を続けると長期的にみるとデブになります。

そして周りから「あの人ダイエットしてたはずなのにデブになって根性ないわね」
とヒソヒソ陰口をたたかれてしまうかもしれません。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
有酸素運動は筋肉が減る?しかもデブになる?

しかも食事制限のやりすぎはお肌もボロボロになりやすいですし
お腹がすきすぎて考える力も落ちてしまいます。

つまり短期的な結果を追い求めすぎるとかえって事態は悪化しやすいということです。

お散歩

逆に1年かけてゆっくり痩せるなら、毎日軽くお散歩しながら
食事も普段より少し減らすだけで十分です。

過激なダイエットをしないのでリバウンドする危険性も少ないです。
そもそも1年間毎日ダイエットを無理なく続けられたなら
習慣化しているので、ずっと続けることができるでしょう。

しかも健康的に痩せることができるので周りからも「あの人、すごくきれいになったね」
とうらやましがられることでしょう。

投資でもそうでしょう。

投資

1か月で500%も増えるような短期的な株式投資が仮にあったら
おそらく次の1か月で同じくらい下がるかもしれません。

逆に1年間に5%程度増えるような長期的な投資の方が健全です。

以上、私が学んでいるX-POWERというプログラムの一部をご紹介しました。
さらに詳しく学んでみたい方は30日間無料のうちに検討してみてくださいね。
詳細はコチラ

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 13日

ページ上部へ戻る