簡単にできる老廃物の出し方は?

スポンサードリンク
老廃物 出し方

テレビ番組などで『老廃物』という言葉を耳にします。

老廃物=体にとってあまりよくないもの』というイメージを持っている方も多いでしょう。

老廃物は

・体の中でできた不要なもの
・体の外から入ってきた不要なもの

の2種類があります。

たとえば痛風の原因になる尿酸は体の中でできた不要なものの代表例です。

他にも体の中でできる老廃物には

・尿素
・アンモニア
・乳酸

などがあります。

それから食べ物に入っている保存料や農薬なんかは体の外から入ってきた不要なものの代表例です。

老廃物

他にも外から入ってくるものには

・重金属
・ヒ素
・カドミウム
・鉛

などがあります。

上記のような老廃物を外に出していかないとどんどん体の中にたまっていってしまいます。
尿酸がたまりすぎたら痛風になりますね。

たまった老廃物はどんどん出していかないと病気になってしまうのです。
そこでこの記事では誰でも簡単にできる老廃物の出し方について解説します。

誰でも簡単にできる老廃物の出し方とは?


YouTubeで観たい場合はここをクリック

まず老廃物の出し方について説明する前に
老廃物はどこから体の外に出ていくのか、知っておきましょう。

老廃物は

・ウンチから75%
・オシッコから20%
・吐く息、汗、目やに、垢などから5%

の割合で体の外にでていきます。

便秘

老廃物のほとんどはウンチとオシッコから出ていくわけですね。
だから便秘は老廃物が体の外に出ていかない状態です。

便秘は体にとって最悪の状態ということです。

食物繊維の多いものを食べる

食物繊維

食物繊維の多い食べ物を食べましょう。

食物繊維には

・便秘解消
・体の中のいらないものを外に出す

などの役割があります。

食物繊維の多い食事をすることで
便秘が解消されて老廃物を外に出すことができるわけです。

厚生労働省が推奨している1日の食物繊維の摂取量としては

・18歳以上の男性で20g以上
・18歳以上の女性で18g以上

となっています。

キャベツ

たとえば

・キャベツ100gあたり食物繊維は1.8g
・乾燥したきくらげ100gあたり食物繊維は57.4g
・ごま100gあたり食物繊維は12.6g

となっています。

私はX-POWERというプログラムで学んだのですが便秘解消に

・キムチ
・納豆

を毎日食べるようにしています。

X-POWERの詳細はコチラ

お水を飲みましょう

水

最低でも1日に1Lの新鮮な水を飲みましょう。
水道水だダメです。

なぜ水道水がダメなのか?についてはこちらの記事をご覧ください。
間違った水で老廃物排出を目指すと流産する?

できればエビアンやコントレックスなどのお水がよいでしょう。

お水を飲むと最後はオシッコになって体の外に出ていきます。
先ほども申しましたがオシッコからは老廃物の20%が出ていきます。

また水分不足だと便に水分が混ざりにくくなり硬くなります。
その結果、便が出にくくなって便秘の現認にもなるわけです。

そういった意味でも毎日新鮮なお水を最低でも1L以上飲みましょう。

今回のテーマは誰にでも簡単にできる老廃物の出し方だったので
これで解説を終わりたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 29日
    トラックバック:便秘解消になる飲み物は?

ページ上部へ戻る