加古郡播磨町兵庫県立考古博物館のテーマ展示室はすごい迫力だった

スポンサードリンク
ちくのう症

加古郡播磨町の兵庫県立考古博物館に家族みんなで行ってきました。

兵庫県立考古博物館

こちらの画像は私(画面右)と息子の悠貴(画面左)で
兵庫県考古博物館の入り口前です。

悠貴と父

中に入り観覧料を支払いテーマ展示室へ。
観覧料は大人520円、小中学生は無料でした。
兵庫県立考古博物館公式ホームページはコチラ

観覧料

画像は娘の柚花(小学4年生)、息子の悠貴(小学2年生)、そして私の妻です。
妻は私が経営するフラワー動物病院のトリマー兼事務長です。

テーマ展示室

テーマ展示室ではこんな感じで大昔の骨がたくさん展示されています。
ちくのう症までわかるんですね。

ちくのう症

次にリアルな人形を発見。
あまりの迫力に息子の悠貴がかなり怖がってました。
リアル人形の真横で記念撮影。

テーマ展示室

動画もご覧ください。


YouTubeで観たい場合はここをクリック

テーマ展示室ではこんな感じで古墳の模型があって、
組み立てたりして楽しむことができますよ。

古墳

こんなのもありました。

兵庫県立考古博物館

他にも遺跡を発掘するためにクレーン車を使っていたようですね。
動かすことはできませんが、乗らせてもらえました。

兵庫県立考古博物館 クレーン車

こちらは屋上から見た景色です。
この日は曇りでした。

兵庫県立考古博物館 屋上

今度は兵庫県考古博物館の外に出ました。
歩いて1分のところに大中遺跡公園があります。

大中遺跡公園

大中遺跡公園入り口付近の動画です。


YouTubeで観たい場合はここをクリック

かなり広いですい、人も少ないので
広々した中、シートを敷いてお弁当を食べることができました。

こんな感じで昔の住居を見ながら楽しく遊ぶことができました。

大中遺跡公園

動画も撮影しました。


YouTubeで観たい場合はここをクリック

こんな感じで家族みんなで1日遊ぶと、普段の仕事の疲れが癒されます。
また子供たちと楽しく遊ぶためには自分が健康である必要があります。

病気で歩くのもしんどいようなら、せっかくの休みの日でも
子供たちと遊ぶことができません。

そんなこともあって私はX-POWERという健康になるためのプログラムを受講しています。

X-POWERの詳細はコチラ

別の記事ではX-POWERのノウハウの一部をシェアしていますのでぜひご覧ください。

トップページに戻る

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る